質を取るか?安さで選ぶかはあなた次第

脱毛専門エステが増えた事で価格が安くなっている脱毛業界ですが、中でも脇脱毛はとてもお安くなっています。
エステ=高級な印象を受けますが、安い脱毛エステはリラクゼーション系エステと同等のサービスを行っているとは限りません。
そこで、リラク系エステと通常のエステの違いについてご紹介したいと思います。

施術スペースの違い

通常の安いエステは施術ルールは簡単なカーテンで区切りを付けた狭いスペースで脱毛を行うので、きちんとした個室ではなくて簡単な区切りスペースですので、隣の声が聞こえたり待合室の声も丸聞こえという状態です。

エステシャンの質について

施術を実際に行うエステシャンの技術力・接客力も通常のエステではバラつきがあると言えます。
それは価格を抑える為に教育や接客講習にかける時間を減らしている事が理由です。

リラク系エステなら平均1時間6000〜12000円位が相場なのでそれなりの教育が行き届いていますが、安いエステでは価格を抑える為にはしかない事なのかもしれません。

当然ですが備品にも差が出ます。
リラク系エステはタオルや紙ショーツも上質なものですが、安いエステは紙ショーツが別途料金という所がほとんどです。
また、スタッフの接客態度が悪い、予約が取りにくいと教育面の差が特に大きく出てしまう事があります。

この様に、リラク系エステと安さが売りのエステとでは、店舗内や接客、備品とそれぞれに差がどうしても出てしまいます。
けれど、それは安さを優先しているのでしょうがない事でもあります。
後は、質が良いリラク系を選ぶか?安さを優先するかで脇脱毛をする店舗を選ぶ基準として考えてみてはいかがでしょうか?